徳島大学大学院医歯薬学研究部 口腔科学部門 臨床歯学系 顎機能咬合再建学分野

業績集

学術論文

  • Prevalence of posterior disc displacement of the temporomandibular joint in patients with temporomandibular disorders: a systematic review with meta-analysis. Afroz S, Naritani M, Hosoki H, Takechi K, Okayama Y, Matsuka Y. Journal of Oral & Facial Pain and Headache 32巻 3号 277〜286 2018
  • Effect of short-term Tumour Necrosis Factor-alpha (TNF-α) -stimulation on the growth and differentiation of MC3T3-E1 osteoblast-like cells. Inoue M, Naritani M, Raju R, Miyagi M, Oshima M, Inoue M, Matsuka Y. Journal of Hard Tissue Biology 27巻 3号 233〜238 2018
  • Educational effects using a robot patient simulation system for development of clinical attitude. Abe S, Noguchi N, Matsuka Y, Shinohara C, Kimura T, Oka K, Okura K, Rodis OMM, Kawano F. European Journal of Dental Education 22巻 3号 e327〜e336 2018
  • An investigation of the Filipino dental students' personality types. Dalanon J, Matsuka Y. Philippine Journal of Health Research and Development 22巻 2号 12〜17 2018
  • 咬合違和感の診断と対処法. 松香芳三, 玉置勝司, 葉山莉香, 安陪 晋, 宮城麻友, 堀川恵理子, 成谷美緒, 野田千織, 大島正充, 河野文昭. 日本補綴歯科学会誌 10巻 2号 129〜133 2018
  • Organizational dilemma: Dental faculty acquisition in the Philippines. Dalanon J, Gimena AJ, Arreza AC, Jalbuna JA, Salinas L, Tumamac M, Belarmino MP, Esguerra R, Docor R, Goto N, Matsuka Y. IOSR Journal of Business and Management 20巻 3号 65〜71 2018
  • Technology acceptance model in the use of a patient management software in a dental school in the Philippines. Dalanon J, Gabinete JG, NainaJavier H, Galang KJ, Perales A, Sorela C, Belarmino MP, Esguerra R, Docor R, Afroz S, Iwasa T, Rodis O, Suzuki Y, Okura K, Matsuka Y. Journal of Dental and Medical Sciences 17巻 2号 65〜69 2018
  • A Philippine rural school's organizational climate, teachers' performance, and management competencies. Dalanon J, Diano LM, Belarmino MP, Hayama R, Miyagi M, Matsuka Y. International Journal of Research 6巻 1号 248〜265 2018
  • Investigation of effect on physical performance and concentration by custom-made mouthguard use. Suzuki Y, Okura K, Omoto K, Takikawa S, Nishigawa K, Matsuka Y. International Journal of Sports Dentistry 10巻 1号 22〜31 2017
  • Frequency of congenitally missing permanent teeth at a primary dental care clinic in Tokushima, Japan. Inoue M, Kawahara H, Okura K, Rodis OMM, Matsuka Y. Journal of Japanese Association of Oral Rehabilitation 30巻 1号 67〜70 2017
  • Filipino teachers sense of efficacy inclusion classes. Dalanon JC, Matsuka Y. Asia Pacific Journal of Research 1巻 58号 339〜343 2017
  • Regeneration of complex oral organs using 3D cell organization technology. Oshima M, Ogawa M, Tsuji T. Current Opinion in Cell Biology  49巻 84〜90 2017
  • Validity of peer evaluation for team-based learning in a dental school in Japan. Nishigawa K, Hayama R, Omoto K, Okura K, Tajima T, Suzuki Y, Hosoki M, Ueda M, Inoue M, Rodis OMM, Matsuka Y. Journal of Dental Education 81巻 1451〜1456 2017
  • 歯科再生医療の実現に向けた大型動物モデルにおける機能的な歯の再生. 大島正充, 大野光昭, 辻孝, 窪木拓男. Bio Industry 34巻 1〜11 2017
  • Effects of cocoa-enriched diet on orofacial pain in a murine model. Bowden LN, Rohrs EL, Omoto K, Durham PL, Holliday LS, Morris AD, Allen KD, Caudle RM, Neubert JK. Orthodic and Craniofacial Research 20巻 157〜161 2017
  • Comparison between flipped classroom and team-based learning in fixed prosthodontic education. Nishigawa K, Omoto K, Hayama R, Chimeddualm G, Okura K, Tajima T, Suzuki Y, Hosoki M, Shigemoto S, Ueda M, Rodis OMM, Matsuka Y. Journal of Prosthodontic Research 61巻 217〜222 2017
  • Complications causing patients to discontinue using oral appliances for treatment of obstructive sleep apnea. Nishigawa K, Hayama R, Matsuka Y. Journal of Prosthodontic Research 61巻 133〜138 2017
  • Individuals with pain need more sleep in the early stage of mild traumatic brain injury. Suzuki Y, Khoury S, El-Khatib H, Chauny JM, Paquet J, Giguere JF, Denis R, Gosselin N, Lavigne GJ, Arbour C. Sleep Medicine 33巻 36〜42 2017
  • Mandibular movement during sleep bruxism associated with current tooth attrition. Okura K, Shigemoto S, Suzuki Y, Noguchi N, Omoto K, Abe S, Matsuka Y. Journal of Prosthodontic Research 61巻1号 87〜95 2017
  • Reliability and validity of the patient disability-oriented diagnostic nomenclature system for prosthetic dentistry. Matsuka Y, Hagiwara Y, Tamaki K, Takeuchi H, Fujisawa M, Ono T, Tsukiyama Y, Nagao K, Tsuga K, Aita H, Kondo H, Fueki K, Tsukasaki H, Nishigawa K, Ozawa S, Kuwatsuru R, Minakuchi H, Iinuma T, Matsuura T, Ishibashi K, Fujii S, Hirai T, Sasaki K, Yatani H, Igarashi Y, Sato Y, Ichikawa T, Yamamori T, Kuboki T, Baba K, Koyano K, Sato H, Matsumura H. Journal of Prosthodontic Research 61巻1号 20〜33 2017
  • Does sleep bruxism contribute to headache-related disability after mild traumatic brain injury? A case-control study. Suzuki Y, Arbour C, Khoury S, Giguere JF, Denis R, De Beaumont L, Lavigne GJ. Journal of Oral and Facial Pain & Headache 31巻 4号 306〜312 2017
  • 糖尿病神経障害と診断された舌咽神経痛の一症例. 松本文博, 桃田幸弘, 高野栄之, 松香芳三. 日本口腔顔面痛学会雑誌 9巻1号 81〜85 2016
  • 口腔ならびに呼吸器症状を呈した歯科用金属によるアレルギーの1例. 桃田幸弘, 細木真紀, 二宮雅美, 高野栄之, 松香芳三, 東 雅之. 日本口腔検査学会雑誌 8巻 1号 39〜44 2016
  • Relationship between the mandibular movements and deformation of the coronoid process and the condyle. Hirai S, Shigemoto S, Shigeta Y, Kamei S, Ogawa T, Ando E, Hirabayashi R, Ikawa T, Matsuka Y. Journal of Japanese Association of Oral Rehabilitation 29巻1号 35〜40 2016
  • Preliminary study of neural excitation with positron emission tomography after tooth mechanical stimulation. Omoto K, Iwasa T, Afroz S, Ueda M, Okura K, Matsuka Y. Journal of Japanese Association of Oral Rehabilitation 29巻1号 28〜34 2016
  • スプリントによる睡眠時ブラキシズムに対する治療効果 : 予備的検討. 大倉一夫, 鈴木善貴, 重本修伺, 大本勝弘, 葉山莉香, 岩浅匠真, 福本美緒, 井上美穂, 上枝麻友, 安陪 晋, 松香芳三. 日本口腔リハビリテーション学会雑誌 29巻1号 21 〜27 2016
  • 睡眠時ブラキシズムの基礎と最新の捉え方. 鈴木善貴, 大倉一夫, 松香芳三. 睡眠口腔医学 3巻1号 10〜21 2016
  • Allergic contact dermatitis caused by titanium screws and dental implants. Hosoki M, Nishigawa K, Miyamoto Y, Ohe G, Matsuka Y. Journal of Prosthodontic Research 60巻3号 213〜219 2016
  • Japan Prosthodontic Society position paper on “occlusal discomfort syndrome”. Tamaki K, Ishigaki S, Ogawa T, Oguchi H, Kato T, Suganuma T, Shimada A, Sadamori S, Tsukiyama Y, Nishikawa Y, Masumi S, Yamaguchi T, Aita H, Ono T, Kondo H, Tsukasaki H, Fueki K, Fujisawa M, Matsuka Y, Baba K, Koyano K. Journal of Prosthodontic Research 60巻3号 156〜166 2016
  • 下顎大臼歯欠損に対しインプラント支持固定性補綴装置による治療介入時に付与すべき咬合様式. 近藤尚知, 尾澤昌悟, 澤瀬 隆, 横山敦郎, 関根秀志, 舞田健夫, 鮎川保則, 中野 環, 久保隆靖, 細川隆司, 友竹偉則, 城戸寛史, 越智守生, 塩田 真, 尾関雅彦, 西村正宏, 前田芳信, 會田英紀, 玉置勝司, 笛木賢治, 塚崎弘明, 小野高裕, 松下恭之, 松香芳三, 水口 一, 桑鶴利香, 山下秀一郎, 飯塚知明, 馬場一美, 藤澤政紀, 古谷野 潔, 矢谷博文. 日本補綴歯科学会雑誌 8巻1号 1〜9 2016
  • Sleep bruxism frequency and platelet serotonin transporter activities in young adult subjects. Hajime Minakuchi, Chiharu Sogawa, Haruna Miki, Emilio Satoshi Hara, Kenji Maekawa, Norio Sogawa, Shigeo Kitayama, Yoshizo Matsuka, Glenn Thomas Clark GT, Takuo Kuboki. Sleep and Breathing 20巻1号 271〜276 2016
  • 根尖性歯周炎に起因した放射線性下顎骨骨髄炎に対して保存的治療を行い良好な経過を得た一症例. 工藤値英子, 水川展吉, 中川沙紀,  柳 文修, 江口元治, 松香芳三, 吉岡裕也, 高柴正悟. 日本歯科保存学雑誌 58巻5号 425〜434 2015
  • Masticatory performance alters stress relief effect of gum chewing. Keisuke Nishigawa, Yoshitaka Suzuki, Yoshizo Matsuka. Journal of Prosthodontic Research 59巻4号 262〜267 2015
  • Cross-excitation in peripheral sensory ganglia is associated with pain transmission. Katushiro Omoto, Kotaro Maruhama, Ryuji Terayama, Yumiko Yamamoto, Osamu Matsushita, Tomosada Sugimoto, Keiji Oguma, Yoshizo Matsuka. Toxins 7巻8号 2906〜2917 2015
  • A longitudinal retrospective study of the analysis of the risk factors of implant failure by the application of generalized estimating equations. Kinji Noda K, Hikaru Arakawa, Aya Kimura-Ono, Seiya Yamazaki, Emilio Satoshi Hara, Wataru Sonoyama, Kenji Maekawa, Kazuo Okura, Ayumi Shintani, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki. Journal of Prosthodontic Research 59巻3号 178〜184 2015
  • A preliminary investigation of reproducibility of EMG signals during daytime masticatory muscle activity using a portable EMG logging device. Omoto K, Shigemoto S, Suzuki Y, Nakamura M, Okura K, Nishigawa K, Goto N, Rodis OMM, Matsuka Y. Journal of Electromyography Kinesiology 25巻4号 603〜611 2015
  • Diagnosis and treatment for obstructive sleep apnea: Fundamental and clinical knowledge in obstructive sleep apnea. Shigemoto S, Shigeta Y, Nejima J, Ogawa T, Matsuka Y, Clark GT. Journal of Prosthodontc Research 59 巻3号 161〜171 2015
  • 睡眠時ブラキシズムの簡便な診断法の確立と対処法の検討. 大倉一夫, 大川周治, 藤澤政紀, 櫻井 薫, 馬場一美, 小川 匠, 矢谷博文, 窪木拓男, 松香芳三. 日本歯科医学会雑誌 34巻 79〜83 2015
  • 高齢者の栄養障害に義歯装着がもたらす効果と高齢義歯装着者への摂食・栄養指導のガイドラインに関するプロジェクト研究. 村田比呂司, 志賀 博, 大久保力廣, 渋谷友美, 近藤尚知, 櫻井 薫, 田中順子, 松香芳三, 水口俊介, 鱒見進一, 大川周治, 西 恭宏, 越野 寿, 佐々木啓一, 赤川安正, 川良美佐雄, 菊谷 武, 吉田光由, 古谷野潔. 日本歯科医学会雑誌 34巻 54〜58 2015
  • 歯科用金属による金属アレルギーの臨床病態と補綴学的対応に関する多施設調査. 細木真紀, 田上直美, 渡邉 恵, 山瀬 勝, 飯田俊二, 舞田健夫, 大平千之, 大久保力廣, 秋葉陽介, 服部正巳, 峯 篤史, 高 永和, 鳥井克典, 松香芳三, 志賀 博, 市川哲雄. 日本歯科医学会雑誌 34巻 44〜48 2015
  • Effects of team-based learning on fixed prosthodontic education inJapan. Takeuchi H, Omoto K, Okura K, Tajima T, Suzuki Y, Hosoki M, KooriM, Shigemoto S, Ueda M, Nishigawa K, Rodis OMM, Matsuka Y. Journal of Dental Education 79巻 417〜423 2015
  • 歯科補綴学授業におけるTeam-Based Learningの導入とその効果. 大本勝弘, 大倉一夫, 田島登誉子, 鈴木善貴, 細木真紀, 郡 元治, 重本修伺, 上枝麻友, 西川啓介, 松香芳三. Journal of Oral Health and Biosciences 27巻2号 81〜87 2015
  • Basic research and clinical investigations of the neural basis of orofacial pain. Matsuka Y, Iwata K, Terayama R, Imamura Y, Maruhama K, Shinoda M, Tsuboi Y, Kondo M, Honda K, Katagiri A, Sugimoto T. Journal of Oral Biosciences 57巻1号 27〜36 2015
  • 摂食・咀嚼・嚥下過程における各種生体情報の記録解析法の開発―測定システムの開発―. 重本修伺, 田島登誉子, 鈴木善貴, 大倉一夫, 井川知子, 小川 匠, 松香芳三. 日本口腔リハビリテーション学会雑誌 27巻1号 29〜37 2014
  • 歯の6自由度運動を視覚的に理解する手法の開発. 田島登誉子, 重本修伺, 鈴木善貴, 大倉一夫, ロディス オマー, 松香芳三. 日本口腔リハビリテーション学会雑誌 27巻1号 16〜23 2014
  • 咬合違和感を訴える患者の実態に関する多施設実態調査. 澁谷智明, 和気裕之, 玉置勝司, 島田淳, 古谷野潔, 鱒見進一, 窪木拓男, 皆木省吾, 貞森紳丞, 矢谷博文,藤澤政紀, 林 勝彦, 玉井和樹, 成田紀之, 原 節宏, 馬場一美, 尾口仁志, 金村清孝, 山口泰彦, 西川洋二, 塚原宏泰, 松香芳三, 葉山莉香. 日本顎関節学会雑誌 26巻3号 196〜203 2014
  • A proposed core curriculum for dental English education in Japan. Rodis OM, Barroga E, Barron P, Hobbs J, Jayawardena A, Kageyama I, Kalubi B, Langham C, Matsuka Y, Miyake Y, Seki N, Oka H, Peters M, Shibata Y, Stegaroiu R, Suzuki K, Takahashi S, Tsuchiya H, Yoshida T, Yoshimoto K. BMC Medical Education 14巻 239〜247 2014
  • Comparison of platelet serotonin transporter activity in subjects with severe sleep bruxism and control. Hajime Minakuchi, Chiharu Sogawa, Emilio S Hara, Haruna Miki, Kenji Maekawa, Norio Sogawa, Shigeru Kitayama, Yoshizo Matsuka, Glenn T Clark, Takuo Kuboki. Journal of Prosthodontic Research 58巻4号 217〜222 2014
  • Effect of an exclusion range of jaw movement data from the intercuspal position on the estimation of the kinematic axis point. Shuji Shigemoto, Nobuyuki Bando, Keisuke Nishigawa, Yoshitaka Suzuki, Toyoko Tajima, Kazuo Okura, Yoshizo Matsuka. Medical Engineering and Physics 36巻9号 1162〜1167 2014
  • Systematic review and recommendations for nonodontogenic toothache. Hirofumi Yatani, Osamu Komiyama, Yoshizo Matsuka, Koichi Wajima, Wataru Muraoka, Masako Ikawa, Eiji Sakamoto, Antoon De Laat, Gary M Heir. Journal of Oral Rehabilitation 41巻11号 843〜852 2014
  • Case report of recurrent temporomandibular joint open lock associated with abrupt reduction of displaced articular disk. Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Teruaki Ishikawa, Eiji Bando, Yoshizo Matsuka. Journal of Prosthodontic Research 58巻3号 184〜190 2014
  • ニッケル含有ピアスによる金属アレルギー発症の危険性について. 細木 真紀, 田島 登誉子, 西川 啓介, 竹内 久裕, 松香 芳三, 久保 宜明. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 8巻1号 12〜20 2014
  • A short-term treatment with tumor necrosis factor-alpha enhances stem cell phenotype of human dental pulp cells. Mayu Ueda, Takuo Fujisawa, Mitsuaki Ono, Emilio S Hara, HT Pham, Ryu Nakajima, Wataru Sonoyama, Takuo Kuboki. Stem Cell Research & Therapy 5巻1号 31〜40 2014
  • Clinical application of removable partial dentures using thermoplasticresin-Part II: Material properties and clinical features of non-metal clasp dentures. Kenji Fueki, Chikahiro Ohkubo, Masaru Yatabe,chiro Arakawa, Masahiro Arita, Satoshi Ino, Toshikazu Kanamori, Yasuhiko Kawai, Misao Kawara, Osamu Komiyama, Tetsuya Suzuki, Kazuhiro Nagata, Maki Hosoki, Shinichi Masumi, Mutsuo Yamauchi, Hideki Aita, Takahiro Ono, Hisatomo Kondo, Katsushi Tamaki, Yoshizo Matsuka, Hiroaki Tsukasaki, Masanori Fujisawa, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano, Hirofumi Yatani. Journal of Prosthodontic Research 58巻2号 71〜84 2014
  • Clinical application of removable partial dentures using thermoplasticresin-Part I: Definition and indication of non-metal clasp dentures. Kenji Fueki, Chikahiro Ohkubo, Masaru Yatabe, Ichiro Arakawa, Masahiro Arita, Satoshi Ino, Toshikazu Kanamori, Yasuhiko Kawai, Misao Kawara, Osamu Komiyama, Tetsuya Suzuki, Kazuhiro Nagata, Maki Hosoki, Shinichi Masumi, Mutsuo Yamauchi, Hideki Aita, Takahiro Ono, Hisatomo Kondo, Katsushi Tamaki, Yoshizo Matsuka, Hiroaki Tsukasaki, Masanori Fujisawa, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano, Hirofumi Yatani. Journal of Prosthodontic Research 58巻1号 3〜10 2014
  • 口腔顎顔面領域における磁気計測技術の応用. 重本 修伺. 日本磁気歯科学会雑誌 22巻1号 54〜64 2013
  • Adrenergic Urticaria and Glossalgia Induced by Stress during Dental Therapy and Monitored by Heart Rate Variability Analysis: A Case Report. Momota Y, Tomioka S, Furukita M, Satsuma T, Takano H, Azuma M. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 25巻3号 264〜266 2013
  • Mandibular movement during sleep bruxism -Mandibular position with peak masseter muscle activity-. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Toyoko Tajima, Omar Marianito Maningo Rodis, Yoshizo Matsuka. Journal of the Japan Association of Oral Rehabilitation 26巻1号 35〜42 2013
  • Retrospective investigation of the remaining teeth status of patients with implant-supported fixed partial dentures in unilateral free-end edentulism. Seiya Yamazaki, Hikaru Arakawa, Kenji Maekawa, Emilio S Hara, Kinji Noda, Hajime Minakuchi, Wataru Sonoyama, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki. Journal of Prosthodontic Research 57巻4号 262〜267 2013
  • 義歯管理に関する臨床的エビデンス.馬場一美, 塚崎弘明, 笛木賢治, 村田比呂司, 尾澤昌悟, 松香芳三, 小野高裕, 會田英紀, 近藤尚知, 玉置勝司, 藤澤政紀, 矢谷博文, 古谷野 潔.日本歯科医師会雑誌 66巻8号 763〜773 2013
  • 咬合違和感症候群.玉置勝司,石垣尚一,小川 匠,尾口仁志,加藤隆史,菅沼岳史,島田 淳,貞森紳丞,築山能大,西川洋二,鱒見進一,山口泰彦,會田英紀,小野高裕,近藤尚知,塚崎弘明,笛木賢治,藤澤政紀,松香芳三,馬場一美,古谷野 潔.日本補綴歯科学会誌 5巻4号 369〜386 2013
  • 熱可塑性樹脂を用いた部分床義歯(ノンメタルクラスプデンチャー)の臨床応用.笛木賢治,大久保力廣,谷田部優,荒川一郎,有田正博,井野 智,金森敏和,河相安彦,川良美佐雄,小見山道,鈴木哲也,永田和裕,細木真紀,鱒見進一,山内六男,會田英紀,小野高裕,近藤尚知,玉置勝司,松香芳三,塚崎弘明,藤澤政紀,馬場一美,古谷野 潔.日本補綴歯科学会誌 5巻4号 387〜408 2013
  • Primary treatment of temporomandibular disorders: The Japanese Society for the temporomandibular joint evidence-based clinical practice guidelines, 2nd edition. Hidemichi Yuasa, Koji Kino, Eiro Kubota, Kakudo Kakudo, Masashi Sugisaki, Akira Nishiyama, Yoshizo Matsuka, Nobumi Ogi, the Evidence-based Clinical Practice Guidelines Task Force. Japanese Dental Science Review 49巻3号 89〜98 2013
  • A retrospective comparative ten-year study of cumulative survival rates of remaining teeth in large edentulism treated with implant-supported fixed partial dentures or removable partial dentures. Seiya Yamazaki, Hikaru Arakawa, Kenji Maekawa, Emilio S Hara, Kinji Noda, Hajime Minakuchi, Wataru Sonoyama, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki. Journal of Prosthodontic Research  57巻3号 156〜161 2013
  • 補綴歯科治療病名システムの信頼性と妥当性の検討.松香芳三,萩原芳幸,玉置勝司,竹内久裕,藤澤政紀,小野高裕,築山能大,永尾 寛,津賀一弘,會田英紀,近藤尚知,笛木賢治,塚崎弘明,石橋寛二,藤井重壽,平井敏博,佐々木啓一,矢谷博文,五十嵐順正,佐藤裕二,市川哲雄,松村英雄,山森徹雄,窪木拓男,馬場一美,古谷野 潔.日本補綴歯科学会誌 5巻3号 281〜290 2013
  • Sleep less and bite more: Sleep disorders associated with occlusal loads during sleep. Takafumi Kato, Taihiko Yamaguchi, Kazuo Okura, Susumu Abe, Gilles J Lavigne. Journal of Prosthodontic Research 57巻2号 69〜81 2013.
  • A retrospective comparative 8-year study of cumulative complications in teeth adjacent to both natural and implant-supported fixed partial dentures. Seiya Yamazaki, Hikaru Arakawa, Kenji Maekawa, Kinji Noda, Emilio Satoshi Hara, Hajime Minakuchi, Wataru Sonoyama, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki. International Journal of Prosthodontics 26巻3号 260〜264 2013.
  • Self-reported aural symptoms, headache and temporomandibular disorders in Japanese young adults. Rahena Akhter, Manabu Morita, Daisuke Ekuni, Nur Mohammad Monsur Hassan, Michiko Furuta, Reiko Yamanaka, Yoshizo Matsuka, David Wilson. BMC Musculoskeletal Disorders 14巻 58〜64 2013.
  • Identification of risk factors for fracture of veneering materials and screw loosening of implant-supported fixed partial dentures inpartially edentulous cases. Kinji Noda, Hikaru Arakawa, Kenji Maekawa, Emilio Satoshi Hara, Seiya Yamazaki, Aya Kimura-Ono, Wataru Sonoyama, Hajime Minakuchi, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki. Journal of Oral Rehabilitation 40巻3号 214〜220 2013.
  • 非歯原性歯痛の発症機序,診断,治療.松香芳三.四国歯学会雑誌 25巻2号 29〜38 2013
  • 心臓性歯痛の発症頻度、病態、臨床症状について.松香芳三.医療情報サービス Mindsトピックス http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/8/med0132/T0010576 2013
  • 主機能部位でのストッピング噛みしめ時の顆頭運動. 薩摩登誉子, 重本修伺, 石川輝明, 松香芳三, 松山美和, 中野雅徳, 坂東永一, 藤村哲也. 日本顎口腔機能学会雑誌 19巻1号 19〜27 2012
  • A useful and non-invasive microanalysis method for dental restoration materials. Maki Hosoki, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Hisahiro Takeuchi, Kenzo Asaoka. Applied Surface Science 262巻 258〜262 2012
  • 歯科用金属アレルギーとピアスの関係について. 細木真紀,薩摩登誉子,西川啓介,竹内久裕,久保宜明. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 6巻4号 359〜367 2012
  • A problem-based learning tutorial on elder inpatients in a nursing home in Japan. Yoshizo Matsuka, Ryu Nakajima, Haruna Miki, Aya Kimura, Manabu Kanyama, Hajime Minakuchi, Shigehiko Shinkawa, Hiroya Takiuchi, Kumiko Nawachi, Kenji Maekawa, Hikaru Arakawa, Takuo Fujisawa, Wataru Sonoyama, Atsushi Mine, Emilio S Hara, Takeshi Kikutani, Takuo Kuboki. Journal of Dental Education 76巻12号1580〜1588 2012
  • Matrix metalloproteinase-8 is the major potential collagenase in active peri-implantitis. Hikaru Arakawa, Junji Uehara, Emilio S Hara, Wataru Sonoyama, Aya Kimura, Manabu Kanyama, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki. Journal of Prosthodontic Research 56巻 4号 249〜255 2012
  • 下顎左側大臼歯欠損に対しインプラント義歯による機能回復を行った一症例.松香芳三.日本口腔インプラント学会誌 25巻 3号675〜676 2012
  • Effect of occlusal contact stability on the jaw closing point during tapping movements.Keisuke Nishigawa, Yoshitake Suzuki, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando. Journal of Prosthodontic Research 56巻 130〜135 2012
  • Matsuka Y, Yokoyama T, Yamamoto Y, Suzuki T, Nishikawa A, Ohyama T, Watanabe T, Kuboki T, Nagai A, Oguma K. Application of purified botulinum type A neurotoxin to treat experimental trigeminal neuropathy in rats and patients with urinary incontinence and prostatic hyperplasia. Journal of Toxicology 2012 (online journal).
  • Sleep bruxism. N Huynh, Gilles J Lavigne, Kazuo Okura, D Yao, K Adachi. Handbook of Clinical Neurology 99巻 901〜911 2011.
  • 歯科用金属アレルギーとピアスの関係について.細木真紀,西川啓介.アレルギーの臨床 32巻 1号 31〜34 2011
  • 徳島大学病院における顎関節症患者の特徴に関する調査−男女比,年齢構成と受診期間−.竹内 久裕,石川 輝明,松本 文博,田中 栄二,中野 雅徳.日本顎関節学会雑誌 23巻 2号 9〜15 2011
  • Gender specificity of the slow wave sleep lost in chronic widespread musculoskeletal pain.Lavigne GJ, Okura K, Abe S, Colombo R, Huynh N, Montplaisir JY, Marchand S, Lanfranchi PA.Sleep Medicine 12巻 2号 179〜185 2011
  • 我が国における顎顔面補綴治療の現状分析と診療ガイドラインの作成.後藤 昌昭,小野 高裕,松浦 正朗,尾澤 重彰,久保 吉廣,石上 友彦,谷口 尚,下郷 和雄.日本歯科医学会誌 30巻 号 75〜79 2011
  • 睡眠中の咀嚼筋安静(低緊張)状態における垂直的顎位−スプリントの最適な咬合挙上量の検討−.鈴木 善貴,大倉 一夫,重本 修伺.日本顎口腔機能学会雑誌 17巻 2号 113〜124 2011
  • 審美歯科をしてみませんか?!−ちょっとした工夫からジルコニアフレームまで−.細木 真紀.四国歯学会雑誌 23巻 2号 115〜125 2011
  • 側方ガイド傾斜角についての定量的検討.竹内 久裕,中野 雅徳.日本補綴歯科学会誌 2巻 4号 243〜251 2010
  • 顎関節症患者におけるMR画像所見と臨床所見の比較検討.松本 文博,石川 輝明,竹内 久裕,藤澤 健司,細木 秀彦,羽田 勝,中野 雅徳.四国歯学会雑誌 22巻 2号 167〜172 2010
  • Assessment of allergic hypersensitivity to dental materials. Maki Hosoki, Eiichi Bando, Kenzo Asaoka, Hisahiro Takeuchi, Keisuke Nishigawa. Journal Bio-Medical Materials and Engineering 19巻1号 53〜61 2009
  • 顎顔面補綴治療の変遷−下顎腫瘍−機能評価.久保 吉廣.顎顔面補綴 32巻 2号 72124〜73125 2009
  • 臼歯部インプラントにより咬合挙上を行い前歯部矯正治療を行った1症例.郡 元治.日本補綴歯科学会誌 1巻 4号 416〜419 2009
  • Current status of researches on jaw movement and occlusion for clinical application.Eiichi Bando, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Hisahiro Takeuchi, Shuji Shigemoto, Kazuo Okura, Toyoko Satsuma , Takeshi Yamamoto.The Japanese Dental Science Review 45巻 2号 83〜97 2009
  • 骨吸収により生じた歯性上顎前突を補綴処置により改善した1症例.大塩 恭仁.日本補綴歯科学会雑誌 1巻 3号 331〜334 2009
  • 左側顔面陥凹部をインプラントと磁性アタッチメントを用いたエピテーゼで回復した症例.重本 修伺.日本補綴歯科学会誌 1巻 3号 307〜310 2009
  • 風光明媚な鳴門にてのサマースクール.坂東 永一,津賀 一弘,下野 賢吾.補綴臨床 41巻 1号 104〜107 2008
  • アンテリアルガイダンスの診断と治療.坂東 永一,中野 雅徳,佐藤 裕.四国歯学会雑誌 20巻 2号 257〜258 2008
  • 硬口蓋亜全摘患者の上顎顎義歯に軟性材料を応用し軽量化を図った症例.永尾 寛,市川 哲雄,久保 吉廣.顎顔面補綴 30巻 2号 55〜63 2007
  • 睡眠時無呼吸症候群における各分野からの検討.板東 浩,宮本 貴由,野村 昌弘,勢井 宏義,西川 啓介,川田 育二,横井 徹.日本内科学会雑誌 96巻 11号 2543〜2573 2007
  • 上顎右側側切歯先天性欠如症例にインプラント治療を行った1症例.山内 英嗣.日本口腔インプラント学会雑誌 20巻 3号 549〜550 2007
  • Comparison of sleep variables between chronic widespread musculoskeletal pain, insomnia, periodic leg movements syndrome and control subjects in a clinical sleep medicine practice. Okura Kazuo, Lavigne GJ, Huynh N, Nanzini C, Fillipini D, Montplaisir JY. Sleep Medicine Sep 3 2007
  • スパイラルCTを用いた顎関節の三次元評価法.細木 真紀,薩摩登誉子,高橋 章,西川 啓介,細木 秀彦.中野 雅徳,坂東 永一,竹内 久裕,菅原千恵子,岩崎 裕一.四国歯学会雑誌 19巻 2号 231〜238 2007
  • Genesis of sleep bruxism: motor and autonomic-cardiac interactions. Gilles J. Lavigne, Huynh N, Kato T, Okura K, Adachi K, Yao D. Archives of Oral Biology 52巻 4号 381〜384 2007
  • Development of a novel articulator that reproduced jaw movement with six-degree-of-freedom. Keisuke Nishigawa, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Osamu Ishida. Medical Engineering & Physics 29巻 5号 615〜619 2007
  • An Allergy Survey among Dental Professionals. Maki Hosoki, Yumi Hosokawa, Eiichi Bando, Hisahiro Takeuchi, Keisuke Nisigawa, Masanori Nakano. Prosthodontic Reserch & Practice 6巻 1号 34〜38 2007
  • Sleep bruxism is associated to micro-arousals and an increase in cardiac sympathetic activity. Huynh NT, Kato T, Rompre PH, Okura K, Saber M, Lanfranchi PA, Montplaisir JY, Lavigne GJ. Journal of Sleep Research 15巻 3号 339〜346 2006
  • Relationship between occlusal tooth contact patterns and tightness of proximal tooth contact. S.-H. Oh, M. Nakano, E. Bando, N. Keisuke, S. Shigemoto, J.-H. Jeong. Journal of Oral Rehabilitation 33巻 10号 749〜753 2006
  • Quantitative analysis of surface EMG activity of cranial and leg muscles across sleep stage in human. Kazuo Okura, Takafumi Kato, Jacques Y. Montplaisir, Barry J. Sessle, Gilles J. Lavigne. Clinical Neurophysiology 117巻 2号 269〜278 2006
  • Comparison of various treatments for sleep bruxism using determinats of number needed to treat and effect size. Huynh NT, Rompre PH, Montplaisir JY, Manzini C, Okura K, Lavigne GJ. International Journal of Prosthodontics 19巻 5号 435〜441 2006
  • 即時荷重インプラントに関する臨床的検討 ?臨床術式と1年経過時の臨床成績?.宮本 洋二,藤澤 健司,福田 雅幸,湯浅 哲也,長山 勝,山内 英嗣,河野 文昭,日野出大輔.日本口腔インプラント学会雑誌 18巻 292〜301 2005
  • チェアサイドでの咀嚼・顎運動検査.坂東 永一,石川 輝明,北村万里子.日本歯科医師会雑誌 57巻 11号 23〜33 2005
  • 望ましい咬合接触と咬合評価のための各種検査法?咬合診断法確立に向けた戦略?.中野 雅徳.日本顎口腔機能学会雑誌 12巻 1号 1〜5 2005
  • A method to make an interocclusal record for mandibular advancement devices. Keisuke Nishikawa, Eiichi Bando. The Journal of Prosthetic Dentistry 94巻 6号 568〜569 2005
  • インプラントの表面性状がオッセオインテグレーション獲得に及ぼす影響?滑面と粗面(陽極酸化面)フィクスチャーの比較?.宮本 洋二,藤澤 健司,住友 孝史,湯浅 哲也,長山 勝,山内 英嗣,河野 文昭,日野出大輔.日本口腔インプラント学会雑誌 17巻 2号 216〜226 2004
  • 6自由度咬合器を用いた機能的咬合面製作法の開発.西川 啓介,薩摩登誉子,重本 修伺,坂東 永一,中野 雅徳,三好 礼子,山崎 有紀子,安陪 晋,松浦 広興.日本補綴歯科学会雑誌 48巻 3号 433〜440 2004
  • Effect of the additional installation of implants in the posterior region on the prognosis of treatment in the edentulous mandibular jaw. Youji Miyamoto, Kenji Fujisawa, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama, Eiji Yamauchi. Clinical Oral implants Research 14巻 6号 727〜733 2003
  • 垂直的歯槽骨延長によるインプラント型骨延長器の使用経験.舘原 誠晃,宮本 洋二,藤澤 健司,武知 正晃,桃田 幸弘,湯浅 哲也,長山 勝,山内 英嗣.日本口腔インプラント学会雑誌 16巻 1号 90〜96 2003
  • 垂直的歯槽骨延長と即時荷重インプラントによって機能回復を図った外傷性歯槽骨欠損の1例.宮本 洋二,舘原 誠晃,藤澤 健司,北岡栄一郎,湯浅 哲也,鎌田 伸之,長山 勝,山内 英嗣.日本口腔顎顔面外傷学会雑誌 2巻 15〜21 2003
  • ヒト下顎限界運動顎位の6自由度解析.桑嶋 渉,藤村 哲也,坂東 永一.信学技報 51〜54 2003
  • 歯科インプラントのオッセオインテグレーション喪失に関与するリスクファクターの検討.宮本 洋二,藤澤 健司,湯浅 哲也,桃田 幸弘,長山 勝,山内 英嗣,坂東 永一,日野出大輔.日本口腔インプラント学会誌 16巻 2号 278〜288 2003
  • Contingent electrical lip stimulation for sleep bruxism: A pilot study. Keisuke Nishigawa, Kazuo Kondo, Hisahiro Takeuchi, Glenn T. Clark. The Journal of Prosthetic Dentistry 89巻 4号 412〜417 2003
  • 新規システムとして開発したチェア予約の概要および今後の課題.尾崎 和美,岡崎 雅子,森川 富昭,河野 文昭,坂東 永一.平成14年度国立大学医療情報処理部門連絡会議プログラム及びシンポジウム・ポスター発表演題 論文集 97〜98 2003
  • 歯科インプラントのオッセオインテグレーション獲得に関与する臨床的要因の検討.宮本 洋二,藤澤 健司,武知 正晃,桃田 幸弘,長山 勝,山内 英嗣,坂東 永一,日野出大輔.日本口腔インプラント学会雑誌 15巻 4号 436〜445 2002
  • 磁気を応用した顎口腔機能研究.坂東 永一.日本磁気歯科学会雑誌 11巻 1号 1〜8 2002
  • 加齢という観点からみた顎口腔機能の評価?咬合評価のための顎運動測定?.中野 雅徳.日本補綴歯科学会雑誌 46巻 4号 451〜462 2002
  • 臨床応用を目指した咬合研究の現状.坂東 永一.中・四国矯正歯科学会雑誌 14巻 1号 9〜13 2002
  • 高精度6自由度運動測定器の開発研究.坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 46巻 3号 309〜323 2002
  • Effects of occlusal force loading on tooth movement in six degrees of freedom. ? Development of an analysis system ?. Toyoko Satsuma, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Motoharu Kori, Masanori Nakano, Keisuke Nishigawa, Eiji Yamauchi, Takaho Kawaguchi. 日本顎口腔機能学会雑誌 8巻 1号 91〜98 2002
  • A piezoelectric film-based intrasplint detection method for bruxism. Hisahiro Takeuchi, Takashi Ikeda, Glenn T. Clark. The Journal of Prosthetic Dentistry 86巻 195〜202 2001
  • 当科顎関節外来受診患者および本学歯学部学生を対象とした顎機能調査.西川 啓介,竹内 久裕,細木 真紀,中野 雅徳,坂東 永一.日本顎関節学会雑誌 13巻 2号 204〜210 2001
  • 小臼歯と大臼歯間の隣接関係の計測.呉 相鎬,中野 雅徳,坂東 永一,重本 修伺,郡 元治,西川 啓介,三好 礼子,川口 貴穂.信学技報 49巻 105〜109 2001
  • Quantitative study of bite force during sleep associated bruxism. Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano. Journal of Oral Rehabilitation 28巻 5号 485〜491 2001
  • 生体現象としてのブラキシズムの把握 ?徳島大学での研究の紹介?.大倉 一夫.日本顎口腔機能学会雑誌 6巻 1号 139〜145 2000
  • 「ブラキシズムをどのように攻略するか」.坂東 永一.日本顎口腔機能学会雑誌 6巻 1号 109〜110 2000
  • 硬口蓋全切除後の顎補綴 -分割顎義歯製作法と機能評価?.久保 吉廣,坂東 永一.顎顔面補綴 23巻 1号 22〜30 2000
  • Measurement of Tooth Movement with a Novel Device in Six Degrees of Freedom. Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Motoharu Kori, Atsushi Suzuki, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano. Dentistry in Japan 36巻 59〜61 2000
  • 中野 雅徳,坂東 永一.四国歯学会雑誌 12巻 2号 245〜250 2000
  • 徳島大学歯学部学生を対象とした顎機能診査.西川 啓介,石上 亮嗣,峙 和寛,松田 りえ,竹内 久裕,細木 真紀,
  • 徳島大学歯学部附属病院特殊歯科総合治療部 顎口腔機能治療部門における顎関節症の実態調査.松本 文博,中川 弘,久保 吉廣,坂東 永一.四国歯学会雑誌 12巻 2号 277〜283 2000
  • 咀嚼運動の再現.重本 修伺,坂東 永一,薩摩登誉子,佐藤 裕,中野 雅徳,池田 隆志.日本咀嚼学会雑誌 9巻 1号 29〜36 1999
  • 小児の6自由度顎運動解析.山口 公子,郡 由紀子,重本 修伺,住友 路子,坂東 永一,西野 瑞穂.日本顎口腔機能学会雑誌 6巻 1号 43〜54 1999
  • 咬合紙記録における咬合接触像の評価.池田 隆志,首藤 謙一,坂東 永一,松浦 広興,安陪 晋,三好 礼子,山内 英嗣,森木 裕貴,中野 雅徳.日本補綴歯科学会雑誌 43巻 2号 321〜327 1999
  • The Relationship between Jaw Movement and Masseter Muscle EMG during. Sleep Associated Bruxism. Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Takashi Ikeda, Atsushi Suzuki. Dentistry in Japan 35巻 53〜56 1999
  • 高分解能6自由度運動測定器の開発.坂東 永一,薩摩登誉子,重本 修伺.日本補綴歯科学会雑誌 43巻 1号 149〜159 1999
  • 特殊歯科総合治療部を受診した患者の実態調査.中川 弘,松本 文博,久保 吉廣,坂東 永一.四国歯学会雑誌 11巻 2号 245〜252 1999
  • 顎機能の臨床的診査 - MM-JI を用いて-.坂東 永一,中野 雅徳,藤村 哲也,西川 啓介,竹内 久裕.日本補綴歯科学会雑誌 42巻 6号 894〜901 1998
  • 無歯顎,硬・軟口蓋欠損患者の機能回復とその評価.久保 吉廣,坂東 永一,竹内 久裕.顎顔面補綴 21巻 2号 71〜80 1998
  • 睡眠時ブラキシズムにおける咬合力の研究.西川 啓介,坂東 永一,中野 雅徳.日本補綴歯科学会雑誌 42巻 5号 740〜746 1998
  • 方向余弦のx成分と傾斜角をパラメータとした咬合小面の定量的評価法の提案.中野 雅徳,安陪 晋,坂東 永一,佐藤 裕,山内 英嗣,竹内 久裕,西川 啓介,池田 隆志,鈴木 温.日本顎口腔機能学会雑誌 5巻 1号 57〜69 1998
  • The effect of light premature occlusal contact on tooth pain threshold in humans. Takashi Ikeda, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Atsushi Suzuki. Journal of Oral Rehabilitation 25巻 8号 589〜595 1998
  • 口腔癌切除後の外科的再建部へオッセオインテグレーテッドインプラントを応用した3例 -インプラント周囲の外科的再建組織の処理法に関する考察-.宮本 洋二,藤澤 健司,武知 正晃,中野孝三郎,長山 勝,鈴木 温,池田 隆志,坂東 永一,日野出大輔.日本口腔インプラント学会誌 11巻 2号 247〜255 1998
  • 顎機能障害,慢性口腔顔面痛および顎口腔系運動疾患の診断.Glenn T. Clark,竹内 久裕,窪木 拓男,山下 敦.日本顎頭蓋機能学会誌 10巻 1号 25〜38 1997
  • Study of jaw movement and masticatory muscle activity during unilateral chewing with and without balancing side molar contacts. Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Eiichi Bando. Journal of Oral Rehabilitation 24巻 9号 691〜696 1997
  • 顎運動の調和という観点からみた大臼歯咬合面形態の検討.山内 英嗣,中野 雅徳,坂東 永一,松浦 広興,佐藤 裕,安陪 晋,鈴木 温,池田 隆志.日本顎口腔機能学会雑誌 4巻 1号 77〜84 1997
  • 日本人顎関節症患者の X 線断層撮影による下顎頭の前頭面形態の分析.上村修三郎,前田 直樹,細木 秀彦,久保 典子,竹内 久裕,杉崎 正志.日本顎関節学会雑誌 9巻 2号 421〜432 1997
  • 光造形装置による顎位の実体モデル化.藤村 哲也,坂東 永一.信学技報 MBE 97-43 27〜32 1997
  • 徳島大学歯学部附属病院第2歯科補綴科における金属アレルギー患者.池田 隆志,吉本有紀子,村山 弥生,細木 真紀,鈴木 温,坂東 永一,中野 雅徳,一宮 斉子,濱 昌代,井上 昌幸.四国歯学会雑誌 9巻 2号 123〜130 1997
  • 睡眠時ブラキシズム発現に伴う生体信号の解析.大倉 一夫,中野 雅徳,坂東 永一,近藤 宏治,竹内 久裕,西川 啓介,池田 隆志.日本顎口腔機能学会雑誌 3巻 1号 83〜93 1996
  • Criteria for the Detection of Sleep-Associated Bruxism in Humans. Takashi Ikeda, Keisuke Nishigawa, Kazuo Kondo, Hisahiro Takeuchi, Glenn T.Clark. Journal of Orofacial Pain 10巻 3号 270〜282 1996
  • Influence of occlusal force and mandibular position on tooth contacts in lateral excursive movements. Akemi Takai, Masanori Nakano, Eiichi Bando, E. R. Hewlett. The Journal of Prosthetic Dentistry 73巻 1号 44〜48 1995
  • Temporomandibular Dysfunction, Chronic Orofacial Pain and Oral Motor Disorders in the 21st Century. Glenn T.Clark, Hisahiro Takeuchi. Journal of the California Dental Association 23巻 4号 41〜50 1995
  • 磁気位相空間を応用した6自由度顎運動測定による女性被験者についての顎運動機能評価.郡 元治,上田龍太郎,竹内 久裕,重本 修伺,中野 雅徳,坂東 永一.日本顎口腔機能学会雑誌 1巻 2号 269〜274 1995
  • クリッキングの音響解析 -クリッキング音の大きさと音響スペクトルとの関係について-.大井 啓司,中野 雅徳,坂東 永一,郡 元治,近藤 宏治,山内 英嗣,佐藤 裕.日本顎口腔機能学会雑誌 1巻 2号 261〜267 1995
  • クラウン・ブリッジの咬合採得.河野 正司,丸山 剛郎,石橋 寛二,坂東 永一,川添 堯彬,皆木 省吾.日本補綴歯科学会雑誌 39巻 1号 1〜18 1995
  • Development of Six Degree of Freedom Jaw Tracking Device Utilizing Two Magnetic Fields in Quadrature Phase and Measurment of Jaw Movement. Motoharu Kori, Masanori Nakano, Eiichi Bando. Dentistry in Japan 31巻 54〜56 1994
  • 坂東 永一.日本顎口腔機能学会 1巻 1号 95〜104 1994
  • 咬筋における Musclar sound の検討.近藤 宏治,大井 啓司,近藤 一雄,清水 俊也,山本伊一郎,中野 雅徳,
  • 顎関節症患者における下顎頭の経時的な骨形態変化に関する一考察.細木 秀彦,久保 典子,前田 直樹,高木 康里,岩崎 裕一,上村修三郎,鈴木 温,細木 眞紀,上田龍太郎,竹内 久裕,中野 雅徳,坂東 永一.歯科放射線 第34巻 81〜90 1994
  • 下顎運動からみた診査・診断 -現状と将来展望-.坂東 永一.日本歯科医学会誌 13巻 116〜120 1994
  • キャスタブルセラミックス「キャスミック 」の臨床治験からみた問題点の検討.市場 裕康,薦田 淳司,市川 哲雄,橋川 恵一,坂東 永一,松本 直之.歯科審美 6巻 2号 197〜205 1994
  • 6自由度顎運動測定による下顎切除患者の顎口腔機能評価.竹内 久裕,久保 吉廣,坂東 永一,池田 隆志,藤村 哲也,山本伊一郎,中野 雅徳顎顔面補綴 16巻 2号 63〜76 1993
  • Sternocleidomastoid Muscles Inhibition Induced by Trigeminal Stimulation. P.A.Brown, Glenn T.Clark, Q.Yang, Masanori Nakano. Journal of Dental Research 72巻 11号 1503〜1508 1993
  • Co-activation of Sternocleidomastoid Muscles During Maximum Clenching. Glenn T.Clark, P.A.Brown, Masanori Nakano, Q.Yang. Journal of Dental Research 72巻 11号 1499〜1502 1993
  • Three-dimensional reconstruction of temporomandibular joint osseous components using tomography and analysis of condylar movements with six degrees of freedom. Hideo Tanaka, Masanori Nakano, Eiichi Bando. Dentistry in Japan 30巻 74〜79 1993
  • 空口運動時と咀嚼運動時の顎間関係の相違.大久保由紀子,鈴木 温,中野 雅徳,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第11輯 平成4年度 127〜132 1993
  • 顎口腔機能診断のための6自由度顎運動パラメータの検討.上田龍太郎,坂東 永一,中野 雅徳,鈴木 温,藤村 哲也,山内 英嗣.日本補綴歯科学会雑誌 37巻 4号 761〜768 1993
  • Effect of altered occlusal guidance on lateral border movements of the mandible. Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Glenn T.Clark. The Journal of Prosthetic Dentistry 68巻 6号 965〜969 1992
  • 徳島大学歯学部第2歯科補綴学教室における顎口腔機能研究.坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第10輯 平成3年度 139〜144 1992
  • サンドイッチ型磁性アタッチメント「マグフィット600」の臨床応用結果の検討.田中 貴信,坂東 永一,長町 直樹,鈴木 温,岸本 康男,石上 友彦,古島 雄二,日々野和人,宮田 英利,平沼 謙二,山本 公洙,服部 正巳,宮本 雅司,松本 直之.日本補綴歯科学会雑誌 36巻 3号 471〜480 1992
  • 顎運動に調和した滑面板の設計法.山本伊一郎,藤村 哲也,近藤 宏治,鈴木 温,池田 隆志,横山 正秋,久保 吉廣,中野 雅徳,坂東 永一,河野 正司,田端 恒雄.顎顔面補綴 15巻 1号 15〜31 1992
  • 顎機能障害と咬合治療.中野 雅徳.四国歯学会雑誌 4巻 2号 165〜174 1991
  • The relationship between lateral border movements of the mandible and the determinants of occlusion. Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Glenn T.Clark. The Journal of Prosthetic Dentistry 66巻 4号 486〜492 1991
  • ディジタル方式顎運動測定器の開発.藤村 哲也,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 35巻 4号 830〜842 1991
  • 下顎運動機能の検査診断 データベース・エキスパートシステムの開発.石岡 靖,上原 重親,野村 修一,岡田美保子,坂東 永一,内山 洋一,津留 宏道,山田 好秋.下顎運動機能とEMG論文集 第9輯 平成2年度 225〜232 1991
  • 顎機能異常(顎関節症)症例に対する6自由度顎運動測定による診断と移行的咬合治療.中野 雅徳,竹内 久裕,大井 啓司,上田龍太郎,西川 啓介,池田 隆志,鈴木 温,近藤 一雄,橋川 恵一,久保 吉廣,坂東 永一.四国歯学会雑誌 4巻 1号 87〜100 1991
  • 顎顔面補綴患者の全国実態調査と診療体系確立のための研究.坂東 永一.日本歯科医学会誌 10巻 79〜84 1991
  • 咬合力による顎口腔系の変形が顎運動解析に及ぼす影響.竹内 久裕,藤村 哲也,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 34巻 6号 1150〜1161 1990
  • 全国ネット化による下顎運動機能検査/診断データベース構築に関する研究 総合A.坂東 永一,岡田美保子,内山 洋一,津留 宏道,山田 好秋(研究代表者 石岡 靖).下顎運動機能とEMG論文集 第8輯 平成元年度 217〜222 1990
  • 6自由度顎運動と外側翼突筋下頭筋活動の同時測定.上田龍太郎,大井 啓司,近藤 宏治,西川 啓介,中野 雅徳,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第8輯 平成元年度 141〜148 1990
  • 持続咬みしめによる疲労時の咬筋筋活動.清水 俊也,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第8輯 平成元年度 99〜104 1990
  • 症例データベース検討グループ(知識ベースの構築)研究報告.坂東 永一,岡田美保子,内山 洋一,津留 宏道,山田 好秋.下顎運動機能とEMG論文集 第7輯 昭和63年度 247〜250 1989
  • 顎運動に調和した咬合小面の作製.清水さとみ,大久保由紀子,中野 雅徳,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第7輯 昭和63年度 97〜102 1989
  • Dental appliances for the treatment of obstructive sleep apnea. Glenn T.Clark, Masanori Nakano. Journal of the American Dental Association 118巻 611〜619 1989
  • 大きな磁気回路を有する磁性アタッチメントの試作.安村 博,橋川 恵一,久保 吉廣,坂東 永一.四国歯学会雑誌 2巻 1号 175〜180 1988
  • 顎運動測定における生体の歪と解析へ影響.竹内 久裕,藤村 哲也,橋川 恵一,鈴木 温,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第6輯 昭和62年度 195〜204 1988
  • 運動単位からみた咬筋筋活動.近藤 一雄.下顎運動機能とEMG論文集 第6輯 昭和62年度 137〜142 1988
  • 強い咬合接触が顎口腔系に及ぼす影響.-症状および歯の移動,咬合接触状態の変化について-.池田 隆志,横山 正秋,久保 吉廣,中野 雅徳,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第6輯 昭和62年度 81〜86 1988
  • 咀嚼運動の6自由度解析.鈴木 温,美馬さとみ,西川 啓介,清水 俊也,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第6輯 昭和62年度 15〜24 1988
  • 咬合力作用時の顎運動解析.竹内 久裕,藤村 哲也,鈴木 温,横山 正秋,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 32巻 80回特別号 49〜49 1988
  • 咬合接触と顎機能制御系.西川 啓介,中野 雅徳,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 32巻 80回特別号 43〜43 1988
  • 心因性要因が大きいと思われた顎関節症に対するチームアプローチ(U).池田 隆志,中野 雅徳,久保 吉廣,坂東 永一,安田 勝裕,長山 勝,細木 秀彦,上村修三郎_顎関節研究会誌 第8回 61〜61 1988
  • 心因性要因が大きいと思われた顎関節症に対するチームアプローチ(T).安田 勝裕,板東 武志,長山 勝,中野 雅徳,坂東 永一.顎関節研究会誌 第8回 34〜34 1988
  • 間歇的な活動を示す咬筋運動単位.清水 俊也,近藤 一雄,久保 吉廣,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 32巻 79回特別号 98〜98 1988
  • 顎運動と咬合接触の関係.美馬さとみ,鈴木 温,中野 雅徳,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 32巻 79回特別号 72〜72 1988
  • 顎運動と筋電図の実時間データ収集システム.藤村 哲也,西川 啓介,坂東 永一.医用電子と生体工学 26巻 特別号 209〜209 1988
  • 歯科における筋電図解析.坂東 永一,近藤 一雄.生体時系列信号とゆらぎ研究会・研究報告集 31〜32 1987
  • 顎運動解析におけるサーマルペン描記法の応用.橋川 恵一,藤村 哲也,廣瀬 正和,横山 正秋,竹内 久裕,中野 雅徳,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 31巻 78回特別号 102〜102 1987
  • 運動論的相補顆頭点.鈴木 温,美馬さとみ,池田 隆志,竹内 久裕,藤村 哲也,中野 雅徳,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 31巻 78回特別号 73〜73 1987
  • 6自由度顎運動と8 ch 筋電図からみた顎口腔系.西川 啓介,近藤 一雄,清水 俊也,久保 吉廣,藤村 哲也,中野 雅徳,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 31巻 78回特別号 71〜71 1987
  • 下顎運動機能の検査・診断に際しての座標系設定法.坂東 永一,中野 雅徳,鈴木 温,藤村 哲也,美馬さとみ,西川 啓介,清水 俊也,廣瀬 正和.下顎運動機能とEMG論文集 第5輯 昭和61年度 109〜114 1987
  • 顎口腔機能の診断と治療 -私の見たアメリカ合衆国の現状-.坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 第5輯 昭和61年度 29〜32 1987
  • 歯科における筋電図解析.坂東 永一,近藤 一雄.生体時系列信号とゆらぎ研究会・研究報告書 1巻 3号 31〜32 1987
  • 外側翼突筋上腹ならびに下腹の機能分化に関する研究.久保 吉廣.顎関節研究会誌 第7回 10〜10 1987
  • The measurement and development of anterior guidance. Shoji Kohno, Masanori Nakano. The Journal of Prosthetic Dentistry 57巻 5号 620〜625 1987
  • 歯牙誘導と顆頭運動の関係.坂東 永一.日本歯科医学会誌 6巻 3号 83〜85 1987
  • 中野 雅徳,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 31巻 1号 36〜42 1987
  • 咬合接触状態と関連のあった歯の知覚過敏症.池田 隆志,安村 博,横山 正秋,美馬さとみ,山本伊一郎,久保 吉廣,
  • 描記法を応用した顎運動の測定.藤村 哲也,鈴木 温,中野 雅徳,横山 正秋,久保 吉廣,坂東 永一,烏山 秀行,吉田 恵一.下顎運動機能とEMG論文集 第4輯 昭和60年度 1〜6 1986
  • 顎関節習慣性脱臼に対する咬合治療.中野 雅徳,近藤 一雄,池田 隆志,鈴木 温,久保 吉廣,坂東 永一.顎関節研究会誌 第6回 55〜55 1986
  • 磁気位相空間を応用した顎運動測定器の開発.藤村 哲也,西川 啓介,坂東 永一.医用電子と生体工学 24巻 特別号 211〜211 1986
  • 顎位,顎運動の表現方法について.鈴木 温.下顎運動機能とEMG論文集 第3輯 昭和59年度 127〜134 1985
  • 全運動軸の定義について.藤村 哲也,鈴木 温,池田 隆志,近藤 一雄,久保 吉廣,中野 雅徳,坂東 永一,河野 正司,長谷川成男,真柳 昭紘,栗山 實,田端 恒雄.下顎運動機能とEMG論文集 第3輯 昭和59年度 37〜44 1985
  • Removing dowels in difficult teeth. Eiichi Bando, Takafumi Kawashima, Irene T.Tiu, Yoshihiro Kubo, Masanori Nakano The Journal of Prosthetic Dentistry 54巻 1号 34〜36 1985
  • 歯の guide と顎機能.中野 雅徳,近藤 一雄,池田 隆志,鈴木 温,横山 正秋,久保 吉廣,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 昭和58年度 151〜156 1984
  • ディジタル方式による下顎運動測定.坂東 永一,藤村 哲也,鈴木 温,池田 隆志,近藤 一雄,久保 吉廣,中野 雅徳,長谷川成男,河野 正司,真柳 昭紘,栗山 實,田端 恒雄.下顎運動機能とEMG論文集 昭和58年度 137〜143 1984
  • 筋電図の回帰曲線分析による咀嚼機能解析法についての検討.藤村 哲也,池田 隆志,近藤 一雄,鈴木 温,久保 吉廣,中野 雅徳,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 昭和58年度 77〜82 1984
  • 顎機能異常の原因と考えられる歯の Guide.中野 雅徳,久保 吉廣,坂東 永一.下顎運動機能とEMG論文集 昭和58年度 7〜12 1984
  • 顎口腔系機能におけるアンテリオール・ガイダンスの働き.河野 正司,加藤 均,中野 雅徳.下顎運動機能とEMG論文集 昭和58年度 1〜5 1984
  • 銀パラジウム系合金に関する研究(第1報)第3元素添加の機械的性質に及ぼす影響.浅岡 憲三,桑山 則彦,橋川 恵一,福田 政司,安村 博,坂東 永一,宇野 豊,井上 宏,松田 浩一,下河辺宏功.歯科材料・器械 3巻 第3回学術講演会講演集号 31〜31 1984
  • ダウエルピン応用模型における歯型の戻り精度.塩沢 育己,両角 益資,杉尾 隆夫,田中 貴信.日本補綴歯科学会雑誌 28巻 1号 60〜70 1984
  • Die funktionelle Anpassung der Kaumuskulatur bei starker Biβhebung. Shoji Kohno, Eiichi Bando. Sonderdruck aus Deutsche Z hnartliche Zeitschrift 38巻 8号 759〜764 1983
  • Kinesiologische Benziehung zwischen der Schneidezahnf hrung und der Kondylenbahn bei der Vorschubbewegung. Shoji Kohno, Masanori Nakano. Sonderdruck aus Deutsche Z hnartliche Zeitschrift 38巻 6号 643〜649 1983
  • レジンパターン材料の臨床応用 - Palavit G の焼却条件と裏装材の影響-.池上 正,河口日出男,杉尾 隆夫,横山 正秋,川島 隆史,中野 雅徳,坂東 永一.日本補綴歯科学会雑誌 27巻 3号 529〜535 1983
  • 成形によるクレペートの厚みの変化について.久保 吉廣,藤村 哲也,川島 隆史,山本伊一郎,中野 雅徳,坂東 永一.顎顔面補綴 6巻 1号 99〜99 1983
  • Resin Pattern 材料の顎顔面補綴領域への応用 - Palavit G の加熱条件と裏装材の影響-.池上 正,中野 雅徳,久保 吉廣,横山 正秋,岩目 康子,川島 隆史,河口日出男,杉尾 隆夫,坂東 永一,石田 修.顎顔面補綴 6巻 1号 87〜88 1983
  • 咀嚼筋の筋活動を指標とした咬合位の推定.河野 正司,坂東 永一,田中 伐平,栗山 実,望月 洋,加藤 均,松下 和夫,長谷川成男,田端 恒雄.日本補綴歯科学会雑誌 26巻 6号 1271〜1286 1982
  • 下顎骨半側切除無歯顎症例の一例.河口日出男,中野 雅徳,杉尾 隆夫,横山 正秋,岩目 康子,坂東 永一.顎顔面補綴 5巻 1号 55〜58 1982
  • 滑面板維持装置についての一考案.久保 吉廣,河口日出男,杉尾 隆夫,池上 正,川島 隆史,中野 雅徳,坂東 永一,石田 修.顎顔面補綴 5巻 1号 52〜54 1982
  • 顎補綴におけるコーヌステレスコープ義歯の応用.河口日出男,杉尾 隆夫,池上 正,横山 正秋,中野 雅徳,坂東 永一,石田 修,田中 貴信.顎顔面補綴 4巻 2号 51〜57 1981
  • Occlusion of Full Cast Crown at the Intercuspal Position. Shigeo Hasegawa, Eiichi Bando, Batsuhei Tanaka, Tsuneo Tabata. The Bulletin of Tokyo Medical and Dental University 28巻 2号 53〜60 1981
  • Synaptic basis of orbital cortically induced rhythmical masticatory activity of trigeminal motoneurons in immobilized cats. Yoshihiro Kubo, Sumio Enomoto, Yoshio Nakamura. Brain research 230巻 1-2号 97〜110 1981
  • 滑面板の一症例.坂東 永一,久保 郁子,中野 寿文,石田 修.顎顔面補綴 4巻 1号 67〜69 1981
  • ヒトの咬合力とその測定法.坂東 永一.バイオメカニズム学会誌 4巻 4号 10〜19 1980